リフォーム日記⑫いきなり完結編(下)

ふう~う。
すぐに、完結編の続き書くつもりが、ままならない・・・

実は、今実家の断捨離、決行中でして
父が病気になってから、母も私も、父の世話でてんてこ舞い。
家のことは、二の次となり、きれい好きな母だけど、
気力体力を徐々に失い、家の中が、見えないところで荒れてきてて・・

リフォームも終わった私、今度は実家を片づける
ことに。

今日は、食品部門・・賞味期限切れの缶詰めとか大量に出てきて、
一年前のものならまだいい方で、中には10年前のものもでて来る始末。あわわ・・・
というわけで、ごみ袋10袋ぐらいのごみを持ち帰りました。
捨てるという作業も年寄りには大変なので、我家で、袋を入れなおして捨てるつもり。

とにかく疲れた~~~><

はい、気を取り直してと、

リフォーム日記です。

リビングの続きです。
a0159059_035724.jpg

古いちっちゃなイスに、友達がリフォームの完成祝いとしてくれたガラスの瓶を飾りました。
中には、アメリカからやってきた、ミシンの糸を入れてみました。
a0159059_0485086.jpg

無印の換気扇型のCDを聞くもの?なんていうんだっけ? を、古い板に取り付けました。
壁がきれいすぎて、もったいなくて釘が打てない><ので、考えました。^^
a0159059_0354387.jpg

新しくダイニングとなったところの窓に、シェードをつけました。
茶色のチェックにしようか、カーテン屋さんと悩みましたが、シンプル・ナチュラルにいきたかったので、
気持ちを抑えて、ストライプのさりげないものにしました。でも、生地が、ぼこぼこっとしてて、
かわいいの。
a0159059_0355723.jpg

ここが新しいダイニング。
ライトも、シンプルに三連になってて、かわいいよ。
ここで、音楽聴きながら、友達とコーヒータイムしてます。
a0159059_0364546.jpg

じゃ~ん、これが、京都の骨董市で買ったアンティークなステンドグラスを、加工して、
飾ってもらったものです。壁を斜めにしてもらって、建具屋さんで、きれいにしてもらったステンドグラスを
はめ込み、フックをつけて、中の電球を取り換えれるようにしてくれました。
監督さん、一生懸命考えてくれて、こんなに素敵に飾ってくれました。感激!!
昼間は、あまりめだたないけど、こうして、夜に電気つけると素敵です。


ということで、9月の8日に、お掃除の専門の業者さんにリビング、キッチンをきれいにしてもらい
第二部が終わりました。

そこから第三部、最後に、隣の和室の洋室化、廊下、階段、デッキ作り・・。
それが10月の初めごろに完成。

a0159059_172027.jpg

まずは、和室だったリビングの隣は、壁紙もリビングと同じものにして、床も無垢のパイン材で、キッチンから
ず~っと、一続きの部屋になりました。そして、押し入れは、半分に区切ってもらい、半分は、ポールを一本
入れてもらい、旦那様が帰ってきたら、ここで着替えも出来るし、持ち帰った資料なども入れれる棚も作ってもらい、旦那様専用のクローゼットになりました。
もう半分は、可動式の棚をつけてもらい、私と子供たちのロッカーになり、こちらも仕事から帰ったら
ここにかばんや化粧道具などなど、なんでもぽいぽいと置けるようになり、みんなのちょっとしたものが、リビングにあふれてストレスをためてた私ですが、それが解消されました\^^/
それに続くように、床の間部分は、中で半分に仕切ってもらい、玄関側には、大きな靴箱、和室からは、なんでも入れれるフリー棚としてもらいました。洗面所に入れてたトイレットペーパーなどのストック品を入れたり、まさになんでも入れてます。でも、こうしてクローゼットにしてもらったので、すっきり!!
a0159059_173416.jpg

廊下も同じ無垢のパイン材を入れてくれたので、すごく明るくなりました。廊下も階段もブルーグレーの
じゅうたんがひいてあったので、掃除が大変で、しかも壁紙もはがれたり汚れたり・・でした。
階段は、リフォーム階段というものを入れてくれて、こちらは無垢ではないけど、色をあわせてくれたので、
いい感じの仕上がりになってホッ。階段が、ほうきでサッとお掃除できるのは、ホント嬉しい♪
廊下にある物入れだったところも、反対側にあたるキッチン奥の部分からパントリーとして使えるように、
廊下側からは、お掃除道具入れる場所と、ストーブを入れる場所に区切り、今まで入ってたものすべてを撤去し使える空間にしてもらいました。便利です!!
a0159059_181375.jpg

a0159059_183259.jpg

a0159059_184626.jpg

玄関の靴箱を撤去してもらい、新たに大きな靴箱を入れてもらいました。玄関先にあふれてた大きな靴が、ポンポン入って、まだ余裕・・。
隣には、大工さんに傘立てを作ってもらい、上の部分は、可動棚もつけてもらいました。
扉をつけるとごつくなりそうだったので、カーテン屋さんに、ブラウンのロールスクリーンをオーダーしました。
a0159059_1042456.jpg

靴箱と反対側に一枚の板をつけてもらいました。ベンチにもなるので、靴を履くとき便利ですよね。今は、
こうしていろいろ飾ってはいますが・・
以前より明るくなった玄関・・きっといい気が入ってくるはず♪
クリスマスグッズもわざと明るくかわいいものを選んで置いてます。
a0159059_19219.jpg

前からあるテラス部分は、デッキにしてもらい、リビングからスッと出れるようにしてもらいました。周りを、ぐるりと木のフェンスを作ってもらい、ドアを二か所建具屋さんに作ってもらい、庭にも、駐車場にも出れるようになりました。全面囲ってしまい、暗くなるか、見栄えは?とか不安がいっぱいでしたが、ひとつの部屋が増えた感じで、外からみてもうっとうしさもなく、今まで、外からの視線が気になってたのが、全くなくなりすごく
落ち着く家になりました。
半分は、こうしてかわいく飾ることも出来ました。
a0159059_191547.jpg

エアコンの室外機の上の部分にこちらも可動式の靴箱を作ってもらいました。
ここのデッキ部分は、すべて作りながら考える感じで、大工さんオリジナルデッキとなりました。
木を使ってるせいもあるけど、大工さんの手作り感があって、なんかあったかい感じがします。
a0159059_962949.jpg

飾り棚の反対部分は、洗濯ものが干せるようにしてもらいました。外に出ずに干せるので、夜でも気にせず干せるし、チョー便利です。小さなベンチがあったのでひとつとりあえずおいてみました。そこは喫煙場所となってますが、これがうちの男たちには、いい癒し場所となってるようで、追い立てるわけでもないのに、いつもそこでたむろってます。

一応、ざ~っと今回のリフォームを振り返ってみましたが、長々とすいません。
読んでくれてありがとうございます^^

今、リフォームが終わって、一か月がたちました。
今回お願いしたリフォーム業者さん、なんの面識もないところだったので、初めはほんとに不安でした。
でも、初めから終わりまで、嫌なことが全くなくて、担当の人、現場監督さん、大工さんをはじめいろんな職人さんみんなが優しくて、
にこやかで、ちょっとしたことも話しやすく、疑問点もすぐに解決できたし、そういうめぐりあわせに本当に
感謝でした。
資金面においても、近くの信用金庫の融資の方もすごく親切にしてくれて、
「僕、多分まだここの支店に2年間はいると思うので、安心してなんでも相談してください。」と融資の手続きがすべて終わった時言ってくれました。
なんだろ、そういう安心感がお客さんにはすごくうれしいことだなあって、同じ金融の仕事に携わってた者としていい勉強になった気がしました。

とりあえず、ここで、リフォーム日記は終了しますが、また折をみて、使い勝手とかいろいろ綴っていきたいと思います。

ようやくお家の中がきれいになり、続けて・・勢いでお庭もがんばったので、
次は、いよいよお庭の事、アップしたいと思います。

おかげさまで、少し順位が復活してきました。
引き続き、ポチっと応援お願いします^^
↓↓
にほんブログ村 花ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村
[PR]
by chamomile3633 | 2010-11-18 00:37 | リフォーム


<< やっとジャンク&シンプルガーデ... リフォーム日記⑪ いきなり完結... >>